チームで担任支える 文科省不登校調査研究協力者会議

 文科省は2月26日、不登校に関する調査研究協力者会議の第12回会合を、文科省旧庁舎で開催。「不登校児童生徒への支援に関する最終報告(案)」について議論した。学級担任の役割の重要性を確認するとともに、「担任をチームで支えていく方針が明記されるとよい」などの意見が発表された。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。