英語教育改革で指針案 学生が習得するべき能力示す

 英語教育での改革を進めるために、文科省は2月27日、大学の教員養成課程で、学生が習得するべき能力を示した指針案として、中核となる「コアカリキュラム」を公表した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。