主体性を確立する知識や思考力を 新科目「公共」で

 中教審初等中等教育分科会教育課程部会は2月29日、社会・地理歴史・公民ワーキンググループの第6回会合を、文科省で開いた。公民科新3科目の構成について、文科省はこれまでの委員の意見を加味して改良した「たたき台(案)」を提示。「主体的参画」「政治・経済の主体」など、「主体となる私たち」を確立するために、知識や思考力を育む視点が重要だとされた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。