最低返還額や返還猶予 パブリックコメント軸に議論

 今後の社会状況に対応した新たな所得連動返還型奨学金制度について考える第7回有識者会議が2月29日、東京都港区の東京工業大学キャンパスイノベーションセンターで開かれた。同制度の素案に寄せられたパブリックコメントを踏まえて論議が進められた。最低返還月額や返還猶予の申請可能所得などに関する意見を考慮し、委員が考えを述べた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。