国連「持続可能な開発目標」 ロゴを日本語化

日本語版が出たので普及しやすくなった
日本語版が出たので普及しやすくなった

国連広報センターは、「持続可能な開発目標(SDGs=Sustainable Development Goals )」17項目を示す英語版ロゴを、日本語版にして公表した。

SDGsは、昨年9月に開かれた国連総会で、全会一致で採択された2030年までに達成すべき地球規模の行動計画。

日本語版の項目は、(1)貧困をなくそう(2)飢餓をゼロに(3)すべての人に健康と福祉を(4)質の高い教育をみんなに(5)ジェンダー平等を実現しよう(6)安全な水とトイレを世界中に(7)エネルギーをみんなにそしてクリーンに(8)働きがいも経済成長も(9)産業と技術革新の基礎をつくろう(10)人や国の不平等をなくそう(11)住み続けられるまちづくりを(12)つくる責任つかう責任(13)気候変動に具体的な対策を(14)海の豊かさを守ろう(15)陸の豊かさも守ろう(16)平和と公正をすべての人に(17)パートナーシップで目標を達成しよう――だ。

2015年を最終年とした「ミレニアム開発目標」の成果を土台にしている。経済成長、社会的包摂、環境保護の相互に関連する要素に配慮しながら、あらゆる形態の貧困に終止符を打つ、不平等とたたかう、気候変動に対処するなどを掲げた。

それぞれ具体的な行動目標や削減目標が設定されている。SDGsが目指す世界は、各国政府や国際機関の努力だけでは築けない。途上国だけでなく、日本をはじめとする先進国も取り組む。

市民社会、民間企業、一人ひとりが共にスクラムを組んで、初めて成果を上げられる。そこで同センターは、SDGsの認知を広げ、アクションにつなげてほしいと、国連本部が策定したSDGsの英語版を日本語版にした。

同センターでは「みんなで使える、みんなのためのキャッチコピー」を通じて、日本語版SDGsロゴを、さまざまなところで活用してほしいとしている。

ロゴのダウンロードは国連広報センターから(http://www.unic.or.jp/files/SDGs-New-JP.pdf

関連記事