外国人学校の子ども絵画展 国際理解のきっかけに

 横浜市中央図書館では、外国人学校(インターナショナルスクール)の子どもたちの絵画展を3月6日まで同館で開いている。市内9校の外国人学校が参加し、本、読書、図書館などをテーマにした44点の作品を公開。好きな本の世界を自由に表現した水彩画など、創意溢れる作品が集まった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。