心の病気で休職する教員が全国の2倍 沖縄県

 平成26年度に沖縄県県内の小・中・高と支援学校で働いている教職員のうち精神疾患を理由に休職している者の割合が1.19%と全国平均0.55%の2倍となり、全国で最も高いことが分かった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。