国語科と外国語科の有効な連携を模索 言語能力向上へ

中教審初等中等教育分科会教育課程部会は3月3日、言語能力の向上に関する特別チームの第4回会合を、文科省で開いた。議題は、国語科および外国語科・外国語活動を通じた言語能力の育成について。「日本語と外国語の違いに気付かせるのが目的になってはいけない。伝える力をつけるのが大事」「それでも、違いに気付かないと使えない」など、委員の議論は白熱した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。