教育で整備を進める法案立案視野に ICT議連が総会

 自公や民主、共産など超党派の国会議員で構成する「教育における情報通信(ICT)の利活用をめざす議員連盟」の、今年に入って初めての総会が3月4日に、衆議院第二議員会館で開かれた。今夏には教育現場でのICT化を推進するよう提言を示す見通し。さらには、議員立法も視野に入れ、議論を重ねていく。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。