ブラック部活動の実態 「サポートしたい」と文科相

 「ブラック化」しているといわれる部活動で顧問を務める中学校や高校の教員が、休日返上で取り組んでいる現状を変えようと署名を集めている若手教師らが3月3日、文科省に要望書を提出した。これに対して、翌日の閣議後会見で馳浩文相は「そういう教員をサポートしていきたい」とエールを送った。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。