認可外保育施設 健康診断の実施が基準に不適合

 厚労省が、平成26年度「認可外保育施設」の現況取りまとめを公表した。都道府県、政令指定都市、中核市が実施した、平成27年3月31日現在の指導監督状況の報告を集計し、まとめたもの。施設は増加し、入所児童数は減少したのが分かった。また乳幼児や職員の健康診断の実施に課題がある施設が多いのが判明した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。