幼児教育の充実で生活科もレベル向上 中教審で議論

 中教審初等中等教育分科会教育課程部会は3月7日、幼児教育部会の第5回会合を、文科省で開催した。幼小接続を踏まえて議論を展開。教員がすぐに答えをあげてしまうと探究心がなくなる、行きつ戻りつ失敗しながら進める余裕がほしい、幼児教育のレベルが上がれば生活科のレベルも上がる――など、さまざまな意見が発表された。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。