年長児期の生活習慣やがんばる力 小1で自主勉強に差

 年長児期に「生活習慣」「がんばる力」「言葉」が身に付いている子ほど、1年生になったときに自ら進んで勉強する傾向が強い――。ベネッセ教育総合研究所は3月8日、都内で記者説明会を開き、「幼児期から小学1年生の家庭教育調査・縦断調査」の結果を発表した。小1の調査では、宿題などはできても、自主的に取り組む部分で差が見られると分かった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。