資質能力の3本柱を見取る 体育・健康WG

中教審初中教育分科会教育課程部会の体育・保健体育、健康、安全ワーキンググループ(WG)は、第7回会合で、資質能力の3つの柱に沿って、小・中・高校を通じて育むべき体育や保健体育の資質能力などについて討議した。委員からは「新たな評価観点を学校現場でしっかり理解してもらう必要がある」「憧れなどを通じた『暗黙知』による熟達をどう評価するか」「学校現場では、少しの変更でも対応に苦慮するので、説明をよくしてほしい」などの意見が出た。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。