評価に振り回されない授業を 型よりも頭脳を活性化

 中教審初等中等教育分科会教育課程部会は3月9日、理科ワーキンググループの第5回会合を、文科省で開いた。委員からは「アクティブ・ラーニング(AL)は、型にとらわれず、いかに頭脳をフル回転させるかが大事」「評価に振り回されてはいけない」「社会科と理科では『合意形成』の意味が違う」などの意見が述べられた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。