児童生徒理解・教育支援シート完成 4月から現場活用

 文科省は3月11日、不登校に関する調査研究協力者会議の第13回会合を開催。議論を重ねてきた「児童生徒理解・教育支援シートの作成と活用について(案)」が、微調整の必要はあるとしながらも、今会合で完成となった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。