統計学で育む資質能力で議論 定量的論理的な推論力を

 中教審初中教育分科会教育課程部会の算数・数学ワーキンググループは第4回会合を3月11日、文科省で開いた。アクティブ・ラーニングの視点を踏まえながら、算数・数学や統計学で育むべき資質能力の在り方などで意見を交わした。委員からは「定量的論理的に推論する力」「協働的問題解決プロセスを大事に」などの提案が出た。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。