次期小学校教育課程で報告書案 外国語増で土曜活用も

 文科省は3月14日、教育課程部会小学校部会の第4回会合を開き、次期学習指導要領の改訂に向けた報告書案をまとめた。それによれば、平成32年度から実施される小学校外国語(英語)の教科化により年間35コマ増となる。これに対応するため、10分から15分の短時間学習の導入や土曜授業などが示された。コマ数増を可能にするために、学教法施行規則の改正を視野に入れる。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。