大学入試新テストで 有識者会議が最終報告案示す

同会議では、高校基礎学力テストの問題イメージも示された
同会議では、高校基礎学力テストの問題イメージも示された

平成32年度から大学入試センター試験に代わる新テストについて検討している文科省の「高大接続システム改革会議(座長・安西祐一郎日本学術振興会理事長)は3月11日、最終報告案を示した。案には、▽新たに導入される記述式問題の採点業務効率化に向けて人工知能(AI)の活用を検討▽評価を段階別に表示――などが明記された。今月末には取りまとめる見通しだ。

最終報告案によれば、知識の詰め込みよりも思考力の転換を図る新テスト「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」では、記述式を導入。採点結果は1点刻みではなく、段階別に表示する。マークシート式よりも採点時間がかかることから、別日程での実施を検討している。記述式の採点にはコンピュータを活用し、AIを開発・導入する案も浮上した。

複数回実施については「引き続き検討」と、実質的に見送りとなる見込みだ。

一方、31年度導入予定の「高校基礎学力テスト(仮称)」で問題イメージが公表された。英語、国語、数学の3教科で、各4問。難易度は中学校から高校1年程度で幅をもたせた。同省が高校入試で活用された問題を集約し、さまざまな問題を組み合わせて出題する考えだ。こちらは、随時受けられるようにする。

関連記事