特支免状取得増など 教育再生実行本部が提言素案

 自民党の教育再生実行本部は3月15日、特別支援教育部会を開き、提言素案を明らかにした。近年、発達障害などがある子どもが増加しているなか、特別支援学級に通う児童生徒の障害などを記録する「個別の教育支援計画」の作成義務化や特別支援学校教諭の免許状をもった教員の増加を目標に掲げた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。