TRONの坂村教授 スピード感ある教育を

 数多くの電気製品に組み込みOSとして使用されている純国産コンピュータ・アーキテクチャー「TRON」を開発した東京大学大学院の坂村健教授が3月16日、自民党で「2030年に向けた教育のあり方と課題について」講演した。同教授は「世界は早いスピードで進化している。教育も速度を上げないと」と呼び掛けた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。