支援年齢引き上げ22歳まで 児童虐待対策強化で提言

 厚労省の社会保障審議会児童部会新たな子ども家庭福祉のあり方に関する専門委員会が、児童虐待対策を強化する提言を盛り込んだ報告をまとめた。支援の対象年齢を最長で22歳まで引き上げる方針を明記。児童相談所強化のための増設や機能分化の案も示された。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。