デジタル教科書使用率9割以上 ICTで不登校支援も

 先導的な教育体制構築事業推進協議会の第4回会合が3月18日、文科省で開催された。事務局は、平成27年度の実施状況や、28年度の実施体制について発表。実証校では、9割以上の教員が「デジタル教科書」を使用している現状が判明した。また実証地域の発表では、ICTを使った不登校児への支援例なども示された。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。