第9次提言に向け論点示す 教育再生実行会議

会議の内容について説明する馳浩文科相と鎌田薫座長
会議の内容について説明する馳浩文科相と鎌田薫座長

教育再生実行会議が3月22日、官邸内で開かれた。不登校や優れた能力をもつ子どもたちへの教育など、第9次提言に向けた論点が示された。5月には提言が出される見通し。

提言では、「情報化時代に求められる『多様な個性が長所として肯定され活かされる教育』への展開」がテーマ。

示された論点は、▽発達障害の子どもたちへの教育を含む特別教育▽不登校等の子どもたちへの教育▽学力差に応じたきめ細かい教育▽特に優れた能力を伸ばす教育、リーダーシップ教育▽――など。

会議の冒頭、安倍晋三首相は、幼児教育の無償化や奨学金の充実などを挙げ、教育環境を一層進める必要があると訴えた。その上で「子どもたちの未来が家庭の経済状況で左右されることがあってはならない」と強調した。

関連記事