年複数実施を見送り 大学入試改革で最終報告

平成32年度から大学入試センター試験に代わる新テストについて検討している文科省の「高大接続システム改革会議(座長・安西 祐一郎日本学術振興会理事長)は3月24日、最終報告をまとめた。国語と数学に記述式問題の導入を決めたが、年複数回実施は見送られた。出題範囲やCBTの導入など多くの課題を残したまま同会議は終了。今後、同省が平成29年までに具体的な方針を決める。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。