指導で「保護者の理解」苦慮 中学生は人間関係に課題

 全日中(会長・伊藤俊典東京都港区立小中一貫教育校白金の丘学園白金の丘中学校長)がまとめた「平成27年度調査研究報告書」による「心の教育と健全育成についての調査」では、「中学生は人間関係づくりが苦手」と感じている校長が多いと判明。いじめや暴力行為を指導する際、保護者の理解を得るのに苦慮する実態も明らかになった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。