相模原市児相に報告書求める 厚労・文科両副大臣が視察

両親から虐待を受けて相模原市児相に通所していた男子中学生が自殺した問題で、渡嘉敷奈緒美厚労副大臣と義家弘介文科副大臣が3月28日、同児相を訪れた。これまでの経緯や問題を報告書にまとめ、厚労省に提出するよう求めた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。