どう幸せになるか書き込んで 教育情報化で中間まとめ案

 文科省は3月25日、「2020年代に向けた教育の情報化に関する懇談会」の第3回会合を、都内で開催した。事務局は、これまでの意見を集約した「中間取りまとめ(案)」を提示。出席者からは「情報化で子どもがどう幸せになるのかが見えるように」「コンピューター1人1台はゴールではない。子どもが何を学ぶのかが分かるように」などの意見が語られた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。