貧困対策でチームを派遣 京都府教委が学力向上など目的に

 京都府教委は平成28年度から、貧困家庭の学力向上に向けた対策に乗り出す。関西圏内の大学と連携して、学力向上を目的にした「学校体制づくり」「発達障害・不登校」「幼児教育」の3チーム体制で支援する。まずは府内の小・中学校でモデル事業として始動。将来は、府内全域に広げたい考えだ。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。