「ガクボラ」報告会 貧困による教育格差解消へ

NPO法人キッズドアは3月29日、「2016キッズドア『ガクボラ』報告会―教育格差解消をデザインする『ガクボラ』の取り組み」を、都内で開催した。「ガクボラ」は、同NPO法人が取り組む、子どもを対象とした学習支援。大学生ボランティアが主力となって運営している。報告者からは、時間や場所、スタッフを確保する難しさや、子どもたちの成長などが語られた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。