経営感覚育成と持続的食料生産の学びを 産業教育WG

中教審初中教育分科会教育課程部会の産業教育ワーキンググループ(WG)は第6回会合を3月28日、文科省で開いた。主に職業に関する各教科の学びの在り方や育むべき資質能力について話し合った。農業科では、農業の6次産業化やグローバル化を踏まえ、経営感覚を育む学習や安全安心な食料の持続的生産に対応した学びの充実がたたき台として提案された。委員からは「グローバル化に向けた学びを強化すべき」などの意見があった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。