遊びと能力育成の関係を明確に 幼児教育部会で議論

 中教審初中教育分科会教育課程部会幼児教育部会は、第6回会合を3月30日、文科省で開いた。幼児期の特別支援教育や育みたい資質能力、ふさわしい評価の在り方について、たたき台をもとに話し合った。「幼児期の『遊び』から得られる能力育成とその関係性を一層明確化したい」といった意見が出た。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。