幼児期から社会参画促す 主権者教育で中間まとめ

今夏7月の参院選で18歳からの選挙権が適用される。これを踏まえて文科省の主権者教育の推進に関する検討チームは3月31日、高校生や大学生などに向けた推進方策を含む中間まとめを公表した。幼児期からの社会参画を促すような取り組みも求めた。今年5月には、高校での主権者教育の指導方法に関する調査をまとめる見通し。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。