体育授業の悩みに答える 神奈川県が土曜体育塾を開始

神奈川県藤沢市にある県立体育センターは、県内小学校教員の体育指導の相談や要望に応じる「土曜体育塾」を、新年度4月から開始する。

学校が休業となる毎週土曜日の午前9時から午後5時にかけて、多忙な教員が指導の悩みを相談し、解消できるよう実施する。楽しく分かりやすい体育授業の実現に向けて、同センターでの個別やグループによる実技指導や面談、電話による相談、課題克服に参考となる文献や資料の提供などを行う。

逆上がりができない児童にどう対応したらよいか、ハードル走の手本を見せながら指導するにはどうしたらよいかなど、教員の体育指導の課題や悩みに、マンツーマンで丁寧に答えていく。県内児童の課題としては、跳び箱やマット運動などの器械体操、ボール投げなどがある。

運動領域だけでなく、保健領域についても、相談に応じる。

来所する教員の服務については、勤務時間外の自主研修となり、公務外の扱い。自己研さんの機会として位置付けられている。

関連記事