副校長・教頭は危機管理必須 満足度に事務職員が相関

国立教育政策研究所の「副校長・教頭の職務状況に関する調査研究報告書」によれば、公立学校の副校長と教頭は、「校長の方針を理解する力」があると自覚する人が多いと分かった。「危機管理能力」を必要な力として挙げる人が多く、職務満足度には、学校事務職員の支援的関わりが影響していた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。