教科書採択やり直しも 文科省が省令改正の方針

4月1日、馳浩文科相の閣議後会見での発言を受けて教科書課の望月禎課長は、教科書検定期間中に不適切な行為が発覚した場合、教委が採択のやり直しができるよう省令を改正する方針でいると説明した。平成29年度から採択が行われる小学校用道徳教科書から適用したい考えだ。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。