学業の不振や人間関係に課題 埼玉県が高校中退者調査

 埼玉県教委は、平成27年度の県内高校中途退学者の追跡調査結果を発表した。26年度の中退者約1800人を対象にアンケート。中途退学の理由の上位は「進級や単位取得ができなかった」や「友人、人間関係、高校生活が合わなかった」だった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。