子ども短歌入選作を音声・点字資料化 創作のきっかけ

 さいたま市教委は「第3回さいたま子ども短歌賞」の入選作品などを収めた作品集の音読と点字による図書資料を制作。同市内と埼玉県の特別支援学校8校に配布した。障害で文字を読むのが困難な子どもたちに、同世代の子どもの短歌に触れてもらいながら、読む喜びや創作のきっかけを持ってもらうのを願っている。全国の希望校に、無料で提供するという。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。