背景に貧困 給食費補助を設置する自治体が増加

 全日本教職員組合(全教)は4月6日、小・中学校の給食費補助制度を設けている自治体の現状について、調査結果を公表した。貧困世帯の増加を背景に、平成25年から補助制度を設ける自治体が増えている傾向にあるのが明らかになった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。