社会課題の把握や解決を評価観点に 社会科第8回WG

中教審初中教育分科会教育課程部会の社会、地理歴史、公民ワーキンググループ(WG)は、第8回の会合を4月6日、文科省で開いた。社会、地理歴史、公民で育むべき資質能力や資質能力の構造化のイメージ、評価の観点など、たたき台を踏まえて話し合った。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。