フリースクールで論点整理 「迫力不足」との批判も

 文科省のフリースクール等に関する検討会が4月11日に開かれた。不登校児童生徒を取り巻く現状や課題といった審議経過報告書のたたき台となる論点整理が示された。委員からは「迫力不足だ」などとの意見が相次いだ。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。