気軽に相談できる雰囲気と保護者 小・中で大きな差

 小・中学校の保護者の半数以上が、学校に気軽に相談する雰囲気があると答えているのが、(公社)日本PTA全国協議会の「教育に関する保護者の意識調査報告書」で分かった。ただ小・中学校で大きな差が出た。また災害時に学校外にいる子どもの避難行動を共通理解している保護者は約4割で、半数を下回った。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。