教育機会法案に反対 不登校団体らが白紙撤回求める

 不登校の子どもたちがフリースクールなど小・中学校以外の場で学べるよう支援する法案の提出を、超党派議連が目指している。これについて、不登校問題を考える団体や有識者などが4月15日、法案に反対する共同記者会見を、衆議院第一議員会館で開いた。参加者らは、多様な学びが保障されないなどと法案の白紙撤回を求めた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。