問題投稿検知し通知 千葉県柏市がLINEいじめ対策

 千葉県柏市教委は、スマホによる子どもたちのインターネットトラブルやネットいじめなどを防止し、問題を啓発するために、4月から、同市立・県立・私立中学校17校で、監視アプリを使った実証実験を開始した。希望する新1年生と保護者のスマホに同アプリを入れると、LINEなどの交流メッセージから、いじめや犯罪に進展しそうな登録単語を抜き出し、保護者に通知する。スマホ利用率が増加する中学校1年生とその保護者に意識付けを図り、親子間のコミュニケーション向上も図るねらい。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。