教委の指示で過度に過去問練習 学力調査で文科に告発

「本末転倒だ」と厳しい口調で語る馳文科相
「本末転倒だ」と厳しい口調で語る馳文科相

「成績を上げるために、全国学力調査の過去問を児童生徒に過度に解かせている。教委からの指示だ」と、4月20日、現役教員から文科省に告発があった。これを受けて馳浩文科相は教育再生実行会議後の会見で、「本末転倒である」と憤った。さらに、全国の教員に向けて、「こうした行為を指示している教委があったら、文科省に報告してほしい」と呼び掛けた。

告発によれば、今年2月から、過去に出題された全国学力調査の問題を子どもたちに解かせていた。教委から内々に指示があったという。

馳文科相は、全国学力・学習状況調査の本来の目的に言及し、「生きる力を身に付けるための真の学力とは何かを問うために、実施している」と強調した。

また教員の負担になるとして、このような状況が他にあるかどうかについての全国一斉調査は行わないと明言した。

関連記事