都オリ・パラ教育で重点校指定 障害者理解など5視点

 都教委は、東京オリンピック・パラリンピック教育推進の先導役になる公立小・中・高校、特別支援学校の重点校100校を指定した。ボランティアマインドを育み、障害者理解を促進するといった5つの視点で、特色ある実践を深める。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。