政府の成長戦略 小学校でプログラミング必修化示す

 政府の産業競争力会議は4月19日、官邸内で開き、アベノミクス新3本の矢でGDP600兆円の実現に向け、ビッグデータやAI(人工知能)などを活用する成長戦略の骨格を示した。この中には、平成32年度から小学校でプログラミング教育を必修化するほか、中・高校でのICT 教育を拡充するとした。さらに、大学などの高等教育でトップレベルの情報人材の育成を掲げた。文科省は同日、小学校での情報教育についての有識者会議を立ち上げた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。