保険教育の拡充を (一社)生命保険協会が提言

 社会保障制度を学ぶ授業の中で、自助努力で将来に備えるためには、保険についての知識や重要性を中高生が併せて学ぶことが大切。そのために保険教育を行う時間の拡充が必要と、(一社)生命保険協会が提言した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。