放射能について考える 子どものためのハンドブック

 子どもたちが放射能について自分で学び、考え、話し合う力を養うのを目的にしたハンドブック「みらいへのとびら」(A4判36ページ)が完成した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。