デジタル教科書で議論 慎重な検討が必要

中間まとめに向けた論点の整理について意見が出された
中間まとめに向けた論点の整理について意見が出された

文科省の「デジタル教科書」の位置付けに関する検討会議が4月22日、第7回会合を開き、新たに検討すべき課題を示した。紙の教科書との併用を行っていきたいとの意向や、子どもの健康面への配慮、保護者の負担について意見が出た。

デジタル教科書内の動画・音声等については、基本的には検定を要しない教材とし、デジタル教科書の使用は、紙の教科書との併用とすることが適当だとした。併用の在り方として、▽必要に応じて副教材としてデジタル教科書を使用する▽学習内容に応じ、教科の一部(単元等)の学習に当たってはデジタル教科書を紙の教科書に代えて使用する▽必要に応じて副教材としてだけ紙の教科書を使用する――との案が挙げられた。

教科書の位置付けにも言及し、教科書と教材の違いや、コンテンツやビューアなど、どこまでを教科書として導入していくかが議論された。

このほか、導入後の影響に関しても、デジタル教科書導入によって子どもが休み時間もディスプレーを見続ける可能性を指摘し、健康面への配慮が必要との意見も出た。

座長を務める東北大学大学院情報科学研究科の堀田龍也教授は、デジタル教科書について「教科書の重要な役割は保障していきたい」とし、「紙との併用を前提として進めていきたい」と述べた。

また東京都練馬区立光が丘春の風小学校の福田純子校長は、保護者の負担が大きくなるのを懸念し「本人の家庭環境や意思に基づいた選択が行えるようにしていきたい」と語った。

関連記事