デジタル教科書で議論 慎重な検討が必要

 文科省の「デジタル教科書」の位置付けに関する検討会議が4月22日、第7回会合を開き、新たに検討すべき課題を示した。紙の教科書との併用を行っていきたいとの意向や、子どもの健康面への配慮、保護者の負担について意見が出た。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。